フリーランス成功の秘訣

フリーランスが仕事がないときにすること

フリーランス_仕事がないとき

フリーランスにとって一番しんどいときが、仕事がないときですよね。

フリーランスの場合、会社員と違って、自分の手が空いている時間は、ラッキーな時間ではなく、恐怖の時間となります。

繊細で敏感なHSPhその恐怖も一入でしょうか。

そんなHSPフリーランスが仕事がないときには、どんなことを考え、どんなことをすればいいのかをまとめてみました。

仕事がない原因を考えてみる

フリーランス_仕事がない原因は

まずは、なぜ今自分に仕事がないのかを分析的に考えてみるところから始めましょう。

考えられる原因1.スキルは不足してないか?

今の自分がその業界の標準のスキルを持っていないと、フリーランスとして仕事をしていくのは難しいです。

たとえ、営業力があり、コミュニケーション能力があったとして、単発の仕事にはありつくことができても、仕事そのものが評価されないと、次の仕事にはつながっていきません

現在の自分のスキルが、業界標準レベルに達しているかどうか、検討してみることは大事なことです。

考えられる原因2.人脈はあるか?

当たり前ですが、人脈が狭い人よりも、人脈が広い人の方が仕事にありつける確率は高いです。

フリーランスだと、紹介という形での仕事のもらい方は、非常に大事です。

紹介してもらった先でまた紹介してもらうということもありますので、どんどん仕事が増えていきます。

人脈が狭いと、高いスキルを持っていたとしても仕事が広がらず、宝物持ち腐れになってしまうこともあるでしょう。

考えられる原因3.実績はあるか

フリーランスは、スキルだけではなく、実績の多さも求められます。

依頼主は、仕事を依頼する際、より良い仕事をしてくれる人を選びたいわけですから、もし、スキルに差がない人から選ぶのであれば、実績の多い人を選ぶのは当然です。

わかりやすい数字で示せる実績の多さは、仕事受注における強みとなります。

クラウドソーシングで仕事の実績を作ろう

クラウドソーシングとは仕事を依頼したい人と、仕事をしたい人をマッチングするインターネット上のサイトです。

デザイン、ライティング、プログラミングなど、さまざま仕事を扱っています。

クラウドソーシングを使えば、仕事の単価は安いですが、フリーランスとしての仕事の実績を作ることは可能です。

是非、クラウドソーシングを実績作りに活用しましょう。

単価を下げてでも仕事は取りに行くべきか

フリーランス_単価を下げても仕事を取りに行くべきか

フリーランスなのに仕事がないと、とても不安になって焦りますよね。

仕事のない状況が続くと、単価を下げてでも仕事をとりやすくしようという発想が生まれる事でしょう。

しかし、単価を下げることには大きなリスクがともないます

仕事の単価の変更は長期的にどのような影響が出るかを考えた上で、慎重に判断する必要があります。

低い単価で仕事を受けた場合、運良く、その依頼者が他の人を紹介してくれた場合も、その低い単価でやることになります

仕事は忙しくなるのに、収入はあまり増えず、生活はどんどん苦しくなってしまうかもしれません。

一度下げてしまった単価は簡単には戻せません。

明らかに次のない単発の仕事ならばまだいいですが、継続的に仕事を引き受ける見込みのある仕事の場合は、安易に単価を下げるべきではないことを肝に命じておきましょう。

仕事がないときにやること

フリーランス_仕事がないときにやること

フリーランスが仕事がないときに、仕事を探す以外にもやれることはあります。

スキルやツールを勉強する時間に充てる

仕事があるときは、自分の現在のスキルを発揮するばかりで、あらためて自分のスキルをアップデートする時間はなかなかとれないですよね。

目の前の仕事なく、時間がある時だからこそ、じっくりと自分のスキルをアップデートするチャンスです。

自分の専門分野だけではなく、関連する情報や技術を学ぶ時間をとることで、今後仕事の幅が増えることもあるかもしれません。

独学で勉強するだけではなく、セミナーに参加したり、専門家の講座を受講してみるなどすれば、今までの自分にはなかった考えも浮かぶようになるかもしれません。

仕事のモチベーションアップにもつながりますので、スキルアップデートにまとまった時間を使うのはおすすめです。

経理などの実務以外の作業

仕事に追われていない時こそ、経理処理など後回しにしがちな、実務以外の事務を進めるという考えもあります。

忙しいフリーランスは、経理は確定申告前に泣きそうになりながら、処理する人もいると思いますが、このように時間が空いたときに、自分の収支を分析しながら、経理処理をすすめていくことをお勧めします。

領収書や契約書の整理や保管などもしておくと、部屋が片付くと、新たなアイデアも湧くかもしれませんよ。

休みを満喫する

とにかく仕事をすることが安心の源であるフリーランス。

そんなフリーランスはガッツリ休暇をとるという機会はなかなかないと思います。

身体や心を休め、リフレッシュすることも、次の仕事で活躍するための大事なプロセスです。

仕事がない今だからこそ、ちょっと遠出をしてみるとか、仕事から離れてみるのもいいかもしれません。

新しい活力とモチベーションで、よりエネルギッシュに仕事ができるようになるかもしれませんよ。

フリーランスの仕事がないとき、まとめ

フリーランス_仕事がないとき_まとめ

フリーランスが収入を得るには、とにかく仕事をこなす必要があります。

フリーランスにとって、仕事がない状況は脅威以外のなにものでもないでしょう。

そんなときは、うまく発想を切り替えて、いつもと違うことをしてみるのがおすすめです。

スキルアップにしても、休暇にしても、仕事がない時だからこそできることをやろうという気持ちに変われば、瑞々しい活力が生まれ、仕事を引き寄せることができるかもしれません。

フリーランスだからこそ味わえるステキな時間を是非、堪能してくださいね!

エンジニア・デザイナーの多様な働き方を支援するクラウドソーシング

クラウドテックはエンジニア・デザイナーなどフリーランス専門のエージェントサービス。

専門のエージェントがHSPである、あなたの弱点をしっかりと補ってくれるかもしれません。

まずはクラウドテックへ無料登録するところからスタートしてみませんか。