フリーランスになる準備

フリーランスをやりたいHSPなら知っておきたい業務委託の心得

HSP_フリーランス_業務委託_意味

フリーランスという言葉と業務委託って言葉って違う意味なの?

と、いう疑問に答えるべく、今回の記事では業務委託についてフリーランスを目指すHSPが知っておいた方がよい情報をまとめていきます。

まずは、フリーランスの意味を確認

HSP_フリーランスの意味

フリーランスとは、会社や組織に所属せずに、自分の好きな時間に好きな場所で自由に働く人のことを指します。

フリーランスとは働き方のことであり、HSPにとって理想的な働き方の1つのことですね。

つぎに、業務委託の意味を説明

HSP_業務委託の意味

業務委託は、仕事ごとに依頼者と契約を結ぶ、契約の方法となります。

フリーランスという働き方を選んでいる人が、仕事をするために依頼者と結ぶ契約の事を業務委託契約というわけです。

業務委託には2種類ありますので、それらを説明しますね。

委任契約

委任契約は、契約書の内容に書かれた仕事を終了すれば業務が完了する契約です。

ホームページを作ったり、デザインを制作するなどの仕事は、委任契約の代表的な仕事の例となります。

委任契約の特徴は、契約書通りの仕事を行い、終了すれば、その後の事に関しては責任を負うことはないということです。

分かりにくいかもしれませんが、下記の請負契約と比べてみるとわかりやすいです。

請負契約

請負契約は、仕事を最後まで完成させるということを目的としているのが特徴です。

業務が終了しても、あとから問題が発生したら責任を負う必要が出てくる場合もあります。

期間内に仕事が終了しなければ、報酬をもらえないのはもちろんのこと、債務不履行責任を負うことになります。

仕事の責任は、委任契約よりも、請負契約のほうが重いですね。

請負契約には、利用契約書、ヘルプデスク契約書などその場を任されるものが多いです。

業務委託で仕事をする流れ

HSP_業務委託で仕事をする流れ

業務委託の流れは、基本的に委託契約も、請負契約も一緒です。

基本的な流れは以下のようになります。

業務委託の流れ
  • 提案・見積もり
  • 交渉
  • 契約
  • 作業
  • 確認や検収
  • 報酬の支払

フリーランスとして業務委託契約で働いていくには、もちろん仕事をオーダー通りに、期限内に終わらせることが大事なのは当たり前ですが、その前に、契約に至るまでがとても重要になってきます。

どんなに立派なスキルを持っていて、それに自信を持っていても、それが依頼主に伝わって、この人と契約したいと先方が思わなければ、仕事はできません。

HSPの中には自分のスキルや長所をアピールすることが苦手な人もいるかもしれませんが、仕事がもらえなければ、フリーランスとしてやっていくことはできません。

最初はマニュアル的でも構いませんので、企業のニーズをしっかりと理解し、実績やポートフォリオの提出など目に見える形でアピールしていきましょう。

フリーランスが業務委託の仕事を探す場所

フリーランス_業務委託の仕事を探す場所

それでは、フリーランスはどのような場所で業務委託の仕事を探せばいいのでしょうか。いくつかの例を紹介してみますね。

クラウドソーシングで仕事を見つける

クラウドソーシングは、現在注目を集めている、仕事のマッチングサイトです。多くのフリーランスや副業をやっている人が登録しています。

クラウドソーシングには、多くの種類の仕事があり、手軽に仕事を受注することができるのが魅力ですが、仕事の報酬は低い傾向にあります

専門的なスキルが必要になる場合には単価の高い仕事もありますし、業務委託で仕事をやっていく感覚を積み重ねていくとや、実績作りには丁度良いので上手く利用してください。

フリーランスエージェントに登録

フリーランス専門のエージェントとは、フリーランスのための仕事の紹介と、契約までをサポートしてくれるサービスです。

ITエンジニアのフリーランスの仕事を中心に紹介するエージェントが多いです。

ただ、最近では営業、人事、経理、マーケティングなど分野のフリーランスに対応したエージェントも出てきました。

仕事の契約のための書類や請求書などの作成も代行してくれるので便利ですね。

フリーランス専門なので、フリーランスに特化した案件を紹介してくれるのが嬉しいところです。

商談のためのアドバイスや練習まで手伝ってくれるエージェントもあります。

過去の取引先や知人に声をかける

過去の取引先や知人に声をかけてみるのも手です。

そうそう簡単に仕事の依頼が入ってくるというわけではありませんが、可能性はゼロではありません。

直接仕事につながらなくても、有益な情報を得ることができることもあります。

仕事の依頼を受けるためには人脈を大切にし、常にアンテナを張っているようにするのがよいです。

敏ちゃん

交渉力は大事だが、あまり自分の心に負担のかからない営業ができるといいな。

直接どこかの企業や店舗に売り込みをかける

上記のような、様々な仕事の探し方で学んだノウハウを活かし、自分で直接とこかの企業に営業をかけるのも大事な手です。

自分から営業をかける場合は、他のフリーランスと比べて自分の売りとなるスキルを目に見える形で説明できるようにしておきましょう。

営業マインド、大切に!

業務委託契約で仕事するときに気を付けること

業務委託_気を付けること

業務委託契約で仕事をするときに気を付けることをまとめてみますね。

  • 依頼者の連絡先
  • 契約期間
  • 契約の形態
  • 経費について
  • 遅延などが生じた場合の措置

依頼者の連絡先

依頼者の連絡先をしっかり押さえるのを忘れないようにしましょう。

支払いが滞るなどの一大事が起こったときに、連絡先がわからなければ、対応できません。

世の中には悪い人たちがいますので、ネット上だけでやり取りする場合は、契約する前に、会社が存在しているのかぐらいは最低限確認したほうが良いかもしれません。

契約期間

契約日や契約期間のズレがトラブルになることがあります。

納期が一週間の場合、7日目の朝が納期なのか、終日大丈夫なのかなど、細かいですが確認は大事です。

契約形態

上でも説明ましたが、委託契約なのか、請負契約なのかをハッキリさることも重要です。

委託契約と請負契約では責任の重さも違います

契約書に直接、「委託契約」「請負契約」など文字がなくても、「~を請け負う」「~を委託する」などの文字がありますので、しっかりと確認して下さい。

経費について

経費についての確認も大事です。

たとえば取材が必要な仕事で交通費が発生するような場合、その交通費をどちらか負担するのかというのは前もって確認しておきましょう。

契約書には書いていない場合もあるので注意が必要です。

遅延などが生じた場合の措置

納期に間に合わなかったり、不完全な納品をしてしまった場合、また、途中で契約を解除された場合(したい場合)の措置なども事前に確認しておいたほうが良いでしょう。

場合によっては契約書を作りなおしてもらうなどの対応が必要です。

確認事項はリスト化しておこう

依頼主は、フリーランスとのやり取りもコストと考えますので、何度も似たような質問をしなくて済むように、おさえておくべき項目はリスト化し、1回のやり取りで契約に関する大事な部分を確認できるようにしましょう。

慣れてくれば、聞くべきポイントがわかってきますので、少しずつ学んでいきましょう。

業務委託契約、依頼主のニーズと注意点

HSP_フリーランス_業務委託_ニーズと注意点

依頼主は低コストで、良い仕事をしてくれてる人を探しています。

低コストというのは、お金が安いと言うこともそうですが、やり取りの手間、意思の疎通がスムーズにいくかどうかなど、ネット上でのコミュニケーションもコストとして考えています。

このニーズを満たそうとするのは大事なんですが、目先の仕事欲しさに、納期や報酬に関しては、あとあとフリーランス自身の首を絞めてしまわないように、無理のない条件で契約しましょう。

敏ちゃん

とにかくHSPは、自分にとって不利益すぎる契約にならないようにすることが大事だぞ。

フリーランスと業務委託契約まとめ

フリーランスと業務委託契約について書いてきました。

クラウドソーシングでは、システムに守られた形で、この業務契約でのやりとりを実際に体験できます。

HSPのフリーランスを目指す人は、是非、クラウドソーシングの利用を検討してみてくださいね。

エンジニア・デザイナーの多様な働き方を支援するクラウドソーシング

クラウドテックはエンジニア・デザイナーなどフリーランス専門のエージェントサービス。

専門のエージェントがHSPであるあなたの弱点をしっかりと補ってくれるかもしれません。

まずはクラウドテックへ無料登録するところからスタートしてみませんか。