40代独身男性の恋愛

40代男性恋愛の恋愛は奥手・慎重?恋愛対象についても

恋愛_奥手_臆病_40代男性

40代になるまで独身を貫いている男性の中には、恋愛に苦手意識があり、女性とのやりとりにあまり良い思い出がなく、自信を持てないという人もたくさんいます。

「彼は私のことどう思っているのだろう?」

心地よい時間は共有できるのに、それ以上は進展がない。

そんな男性が気になってしまっていると、どうしていいかわらなくなって、不安になってしまいますよね。

40代男性ってモテるの?

40代男性_モテるのか

40代独身男性はモテるのでしょうか?たとえば、TOKIOの長瀬智也さん、伊勢谷友介さん、現在大人気のムロツヨシさんなど、大人の色気がプンプン漂っています。

各界で活躍している男性としては脂の乗り切った時期と言えるかもしれませんね。

一方で、同年代の結婚組は少しずつ子供の成長に幸せを感じているのを目の当たりにしていることもあるので、自分が家族をもっていないことに感じていたり、焦っていたりするひともいるかもしれません。

これからの恋愛には女性の方の年齢も考えると、結婚を意識せざるを得ないのは間違いないですね。

40代男性の恋愛は奥手で慎重になりがち?

40代男性_恋愛_臆病_慎重

40代になっても独身を貫いている男性は、恋愛に奥手なのでしょうか。まずは、恋愛に奥手になりがちな男性の心理を紐解いてみようと思います。

恋愛で奥手で慎重になってしまう男性の心理

相手の気持ちがわからないから行動が起こせない

恋愛に奥手で慎重になってしまう男性は、相手の気持ちを察するのが苦手なようです。

一緒にいても、相手がどう感じ、どう思っているのかを想像するのが難しい。

だから、たとえ自分は好意をもっていても、それを相手に伝えたり、相手の気持ちを聞くのがこわい。

だから行動が起こせない、というところがるようです。

どうやって関係を進展させていいかわからない

恋愛に奥手で慎重になってしまう男性は、好意があり、相手の女性もまんざらではないことを感じ取っていても、この関係をどうやって進展させていいかわらかないということがあります。

自然に接していれば、いつかはどうにかなると、あまり深く考えず、延々と平行線の関係が続いてしまうこともしばしば。

相手の女性が中途半端な関係にやきもきしているところまでは察せないわけですね。

もしくは察していても、次の一手が思いつかない。

自分から動き出したくないというプライドの高さも邪魔する場合もあるかもしれませんね。

何もしなければ傷つくことがない

恋愛に奥手で慎重になってしまう男性は、恋愛に対して傷つくことをおそれているということがあります。自分から行動を起こさなければ、傷つくことは少ない。好意はあっても、その好意が実らないのが嫌だから、動き出せない。相手との関係を進展させる気持ちよりも、自分が傷つくのがこわいという繊細な男性ですね。

40代だからこそ恋愛に臆病になってしまう男性

これまでそれなりの恋愛経験をしてきた男性でも、40代だからこそ恋愛に奥手になってしまうということもあります。

40代男性ならではの結婚観の問題

40代ともなると、付き合う候補に挙がる女性もそれなりの年齢になっています。

つまり、20代や30代の頃に比べて、次の恋愛が結婚に直接つながる確率が非常に高いんですね。

わりといろんな女性と、気楽に遊べちゃうタイプの男性なら、あまり気にしないのかもしませんが、恋愛に臆病で、慎重になっているタイプの40代は、かなり結婚を意識した真面目な男性なのかもしれません。

しかし、結婚したい女性の理想が高すぎるので、これまで結婚に至らなかったという可能性もあります。

若いうちなら勢いで出来る結婚も、ある程度年を重ねると満を持してということになります。

結婚を意識しすぎて、恋愛に慎重、臆病になっている40代男性は多いかもしれません。

仕事・経済的な問題

40代男性は、仕事においても脂ののった状況にあることが多いです。

つまり、仕事に没頭して、恋愛がずっと2の次になってしまっている人もいますね。

恋愛が、今の仕事の足を引っ張るようなら、したくない。

そう考えてしまって、好意のある女性はいるのに、恋愛にいたらないという40代男性もいるのではないでしょうか。

人生における、大活躍の時期、できるだけ自由に過ごしたいという思いが強いので、恋愛には慎重になり、臆病になっているのでしょう。

親の将来を気にしている

40代男性ともなると、親も高齢です。

40代で独身の男性は、親と暮らしている人が結構多いですよね。

親が高齢になると介護が必要になることがあります。

それが常に頭にちらついていますので、恋愛⇒結婚⇒介護を任せるかもしれない女性ということになってしまうので、どこか恋愛に引け目を感じてしまうところがあるようです。

恋愛に奥手で臆病な40代男性の恋愛対象は?

40代男性の恋愛対象は

結婚を意識しがちな40代男性ですが、20代を恋愛対象に入れている人も多いようです。

逆に20代ぐらいだと、もし結婚にいたらなくても、相手にはまだ時間があると、気楽なのかもしれませんね。

ただし、そもそも奥手で臆病なので、好意があってもなかなかその恋愛が実を結ぶことはありません。

さて、40代男性にとって、どんな女性像を恋愛対象として好むのでしょうか?

結婚感の合う人

結婚を見据えた、もしくは、結婚に関する考え方を話し合える、落ち着いた恋愛ができる人が良いでしょう。

恋愛に奥手で臆病になっている40代男性にとって、結婚は常にちらついている問題ですから、それについて、腹を割って話すことができる関係は、男性を落ち着かせます。

割り切った付き合い方ができる人

お互いの立場をあまり深く考えず、割り切った恋愛ができるタイプの人も恋愛対象です。

しかし、この場合でも、奥手で臆病な40代男性は自分からはなかなかアプローチできないので、女性のほうから上手くアプローチをしてもらう必要があるでしょう。

仕事などの付き合いで、恋愛に至るパターンが多いですかね。

とにかく積極的な人

恋愛に臆病で慎重な40代男性は、別に恋愛がしたくないわけではありません。

しかし、自分から積極的に恋愛活動をしなくていい理由が周りに沢山できあがってしまっているので、自分からは、いかないだけなのです。

というわけで、とにかく積極的に言い寄ってきてくれる人がいたら、よっぽど合わないのでなければ、恋愛対象になると思います。

相手のプライドを上手く考慮しながら、積極的にアタックしてみてください。

恋愛に奥手で慎重な40代男性が見せる脈ありサインは?

40代男性_脈ありサイン

恋愛に奥手で慎重になっている40代は自分からガツガツはなかなかきません。

しかし、なんだかんだ気のある女性にサインを出すことはあります。

そのサインに上手く気づいて、答えてあげられれば、臆病で奥手な40代男性でも、アプローチをしてきてくれるかもしれませんよ!

なんだかんだで、彼からの連絡が途切れない

わかりやすく毎日毎日とか連絡はよこさないものの、なんだかんだで彼からの連絡がとぎれない。

1週間たつと必ず連絡をくれるとか、友達レベルの連絡頻度でも、臆病で奥手な40代男性にしてみれば精いっぱいのアピールかもしれません。

連絡をくれるたびにしっかり、わかりやすく喜びを伝えていけば、いつかは、もう一歩アプローチしてくれるかも?

プレゼントをくれる

恋愛に奥手で慎重な40代の男性は、あまり女性にプレゼントをあげるのが得意ではありません。

しかし、不器用ながらにプレゼントをくれたとしたら、実は彼がプレゼントをあげる女性は、あなただけなのかもしれません。

しっかり喜びを表現し、相手の好意に応えましょう。

予定をしっかり合わせてくれる

社会的には脂ののり切った40代男性ですから、仕事はとても忙しいはず。

それでもあなたとの予定にしっかりと合わせてくれる場合は脈ありかもしれません。

もしかしたら、彼なりに、あなたのために無理くり予定を合わせてくれているかも。

そしてそれを隠して涼しい顔をしているかもしれません。

忙しくなかったの?ありがとうと、時間を合わせてくれたこと、会うことができた喜びを伝えましょう。

恋愛に奥手で慎重な40代男性をおとすには

奥手で慎重な40代男性をおとすには

大事なことは、わかりやすい好意をアピールし続けること。

そして、その上で、安心して相手がアプローチをかけてこられるようにすることです。

恋愛に奥手で慎重になっている40代男性は、よっぽど安心できないと、わかりやすいアプローチはかけてきません。

相手に上手いことアプローチをかけさせてあげるような気持が大事です。

ただ、もう、あまりにもやきもきしたときは、あなたから積極的にアプローチをかけちゃってもいいかもしれません。

というか、その方が断然早いでしょうね。

恋愛に奥手で慎重な40代男性について―おわりに

恋愛に奥手で慎重な40代男性について_おわりに

恋愛に奥手で慎重な40代男性について書いてきました。

40代独身男性の彼が、あなたにどんな印象をもっているかは、あなたに対して、どんなふうに結婚観を語るかで判断してみるといいかもしれません。

素敵な恋愛ができますように!